• Accueil
  • ピアノバルロン
  • ピアノ修復工房
  • ピアノ修復師
  • ピアノ修復チーム
  • ピアノ・バルロンの歴史
  • ピアノバルロン・ジャパン
  • ピアノ修復の技術
  • ピアノの公認鑑定士
  • 歴史遺産
  • ピアノの歴史年表
  • 有名なピアノメーカー
  • サービス
  • 専門の調律師によるサービス
  • ピアノの持つ最高の音を引き出す
  • タッチの規則性と弾きやすさ
  • 遺産を甦らせる
  • 未来の世代のために保護、保存する
  • ピアノの本来の美しさを甦らせる
  • 鑑定眼と知識
  • 世界中へヨーロッパのピアノを紹介
  • あなたのピアノに必要な仕事を知るための見積り
  • ピアノ
  • 修復ピアノ
  • 販売ピアノ
  • ピアノ コレクション
  • ギャラリー
  • ニュース
  • プレス
  • コンタクト
  • Faq
  • 用語集
  • Pianos Pape

    パープ

    フランス、パリ

    Johannes Heinrich PAPEは1789年にドイツのSarstedで生まれました。パープは、ピアノ製造の歴史の中で最も天才的な発明家で、最も多くの特許を申請しました。彼はピアノ製作を始めはロンドンで、次にパリで学んだ後、プレイエル社で工場長を5年間勤めました。1817年、彼はパリにアトリエを構え、JEAN HENRI PAPEの名で彼の発明を取り入れたピアノの製作を始めました。彼は外装にこだわった美しいピアノを好んで製作し、アップライトの伝統的な形を変えてピアニーノや橋型ピアノ、コンソールピアノ、竪琴型ピアノなどを製作しました。パープは「逆さまのフランス式アクション」と呼ばれるアクション、一音につき6本の弦を備えたピアノ、斜め弦のピアノ設計、ハンマーフェルト(1826年)、そして硬化鋼の弦(1828年)などを次々と発明し、アップライトピアノの交叉弦の特許申請もしました。パリの彼のアトリエでは300人の有能な職人を雇っていました。パリ中が彼の新しい発明に注目し、博覧会で彼の試作品が展示されました。プレイエル社をはじめ競争会社たちは、高まり続ける彼の評判に我慢できず、団結して彼を批判しました。そして斬新過ぎた発明のために、彼は破産し、工場を失い、1875年困窮のうちに亡くなりました。パープは、グランドピアノのダブルエスケープメントを発明したセバスチャン・エラールに次ぐ重要な発明家の一人として、名を残しています。

    パープ

    フランス、パリ

    Johannes Heinrich PAPEは1789年にドイツのSarstedで生まれました。パープは、ピアノ製造の歴史の中で最も天才的な発明家で、最も多くの特許を申請しました。彼はピアノ製作を始めはロンドンで、次にパリで学んだ後、プレイエル社で工場長を5年間勤めました。1817年、彼はパリにアトリエを構え、JEAN HENRI PAPEの名で彼の発明を取り入れたピアノの製作を始めました。彼は外装にこだわった美しいピアノを好んで製作し、アップライトの伝統的な形を変えてピアニーノや橋型ピアノ、コンソールピアノ、竪琴型ピアノなどを製作しました。パープは「逆さまのフランス式アクション」と呼ばれるアクション、一音につき6本の弦を備えたピアノ、斜め弦のピアノ設計、ハンマーフェルト(1826年)、そして硬化鋼の弦(1828年)などを次々と発明し、アップライトピアノの交叉弦の特許申請もしました。パリの彼のアトリエでは300人の有能な職人を雇っていました。パリ中が彼の新しい発明に注目し、博覧会で彼の試作品が展示されました。プレイエル社をはじめ競争会社たちは、高まり続ける彼の評判に我慢できず、団結して彼を批判しました。そして斬新過ぎた発明のために、彼は破産し、工場を失い、1875年困窮のうちに亡くなりました。パープは、グランドピアノのダブルエスケープメントを発明したセバスチャン・エラールに次ぐ重要な発明家の一人として、名を残しています。