• Accueil
  • ピアノバルロン
  • ピアノ修復工房
  • ピアノ修復師
  • ピアノ修復チーム
  • ピアノ・バルロンの歴史
  • ピアノバルロン・ジャパン
  • ピアノ修復の技術
  • ピアノの公認鑑定士
  • 歴史遺産
  • ピアノの歴史年表
  • 有名なピアノメーカー
  • サービス
  • 専門の調律師によるサービス
  • ピアノの持つ最高の音を引き出す
  • タッチの規則性と弾きやすさ
  • 遺産を甦らせる
  • 未来の世代のために保護、保存する
  • ピアノの本来の美しさを甦らせる
  • 鑑定眼と知識
  • 世界中へヨーロッパのピアノを紹介
  • あなたのピアノに必要な仕事を知るための見積り
  • ピアノ
  • 修復ピアノ
  • 販売ピアノ
  • ピアノ コレクション
  • ギャラリー
  • ニュース
  • プレス
  • コンタクト
  • Faq
  • 用語集
  • Pianos Gaveau

    ガヴォ―

    フランス、パリ

    "Joseph Gabriel GAVEAUは、1824年ロワール地方とシェール地方の間に位置するRomorantinに生まれました。
    彼は、パリのいくつかのアトリエで修業を積んだ後、1847年にパリのrue des vinaigriersに自身のアトリエを構えました。最初から彼は丈夫で良いアップライトピアノを作ることにこだわり、エラール設計を真似てアップライトピアノのアクション、とりわけジャックの角度についての改良に取り組みました。そして、「ガヴォ―アクション」と呼ばれる独自の特色を持つアクションを作り上げました。
    彼のピアノに対する評判は高まり、rue Sevranに工場を構える1890年頃には200人の職人を雇い、年間1500台を生産するほどになりました。
    1893年、70歳になった彼は会社を息子のGabriel EugèneとEtienneに譲り、会社名は""Société GAVEAU""となりました。1896年からはパリ近郊のFontenay sous bois に新しいモダンな工場を建て、300人の職人を雇い、生産量は年2000台に上りました。この工場ではパリの有能な職人たちの多くが育てられました。Etienne Gaveauは経営を担当し、パリ中心部のrue de la Boétieに本社を構え、1908には自社のピアノを広く宣伝するためにコンサートホールを建設しました。それが有名な「サル・ガヴォ―」です。
    この時代モダンであったこのホールでエチエンが念入りに企画したコンサートのおかげでガヴォ―社の評判は高まりました。有名なアーティスト達が招かれ、メーカー自慢のコンサートグランドピアノで演奏しました。
    パリで良く知られている「モデル1」という小さなグランドピアノは、アパルトマンに住むパリジャンの間でプレイエルやエラールと人気を競い合いました。太陽のモチーフの木象嵌を施したエレガントな外装は、メーカーの宣伝に大いに役立ちました。
    1911年、兄弟は仲違いして、ガブリエルは独自の会社を興し、グランドピアノ製作における自身の新しいアイデアを取り入れました。彼は木材にこだわって作られたおしゃれな外装の小さなグランドピアノを製作することで、独自のスタイルを作り上げました。
    1930年頃、子会社のM.A.G. (Marcel と André Gaveau)が設立され、丈夫で小さく安価なアップライトピアノの製造を担当しました。
    1939年に戦争が始まった時、ガヴォ―社は95,000台目のピアノを製造したところでした。
    エチエンは1943年に死去し、息子のマルセルとアンドレは困難の中でも経営を続けました。
    1960年、エラール社と合併し、""Société Gaveau-Erard""と名付けられました。その後プレイエルも加わり、""LES GRANDES MARQUES REUNIES""(大メーカーの集合)となりましたが、1965年に倒産、工場は閉鎖となりました。"

    ガヴォ―

    フランス、パリ

    "Joseph Gabriel GAVEAUは、1824年ロワール地方とシェール地方の間に位置するRomorantinに生まれました。
    彼は、パリのいくつかのアトリエで修業を積んだ後、1847年にパリのrue des vinaigriersに自身のアトリエを構えました。最初から彼は丈夫で良いアップライトピアノを作ることにこだわり、エラール設計を真似てアップライトピアノのアクション、とりわけジャックの角度についての改良に取り組みました。そして、「ガヴォ―アクション」と呼ばれる独自の特色を持つアクションを作り上げました。
    彼のピアノに対する評判は高まり、rue Sevranに工場を構える1890年頃には200人の職人を雇い、年間1500台を生産するほどになりました。
    1893年、70歳になった彼は会社を息子のGabriel EugèneとEtienneに譲り、会社名は""Société GAVEAU""となりました。1896年からはパリ近郊のFontenay sous bois に新しいモダンな工場を建て、300人の職人を雇い、生産量は年2000台に上りました。この工場ではパリの有能な職人たちの多くが育てられました。Etienne Gaveauは経営を担当し、パリ中心部のrue de la Boétieに本社を構え、1908には自社のピアノを広く宣伝するためにコンサートホールを建設しました。それが有名な「サル・ガヴォ―」です。
    この時代モダンであったこのホールでエチエンが念入りに企画したコンサートのおかげでガヴォ―社の評判は高まりました。有名なアーティスト達が招かれ、メーカー自慢のコンサートグランドピアノで演奏しました。
    パリで良く知られている「モデル1」という小さなグランドピアノは、アパルトマンに住むパリジャンの間でプレイエルやエラールと人気を競い合いました。太陽のモチーフの木象嵌を施したエレガントな外装は、メーカーの宣伝に大いに役立ちました。
    1911年、兄弟は仲違いして、ガブリエルは独自の会社を興し、グランドピアノ製作における自身の新しいアイデアを取り入れました。彼は木材にこだわって作られたおしゃれな外装の小さなグランドピアノを製作することで、独自のスタイルを作り上げました。
    1930年頃、子会社のM.A.G. (Marcel と André Gaveau)が設立され、丈夫で小さく安価なアップライトピアノの製造を担当しました。
    1939年に戦争が始まった時、ガヴォ―社は95,000台目のピアノを製造したところでした。
    エチエンは1943年に死去し、息子のマルセルとアンドレは困難の中でも経営を続けました。
    1960年、エラール社と合併し、""Société Gaveau-Erard""と名付けられました。その後プレイエルも加わり、""LES GRANDES MARQUES REUNIES""(大メーカーの集合)となりましたが、1965年に倒産、工場は閉鎖となりました。"