• Accueil
  • ピアノバルロン
  • ピアノ修復工房
  • ピアノ修復師
  • ピアノ修復チーム
  • ピアノ・バルロンの歴史
  • ピアノバルロン・ジャパン
  • ピアノ修復の技術
  • ピアノの公認鑑定士
  • 歴史遺産
  • ピアノの歴史年表
  • 有名なピアノメーカー
  • サービス
  • 専門の調律師によるサービス
  • ピアノの持つ最高の音を引き出す
  • タッチの規則性と弾きやすさ
  • 遺産を甦らせる
  • 未来の世代のために保護、保存する
  • ピアノの本来の美しさを甦らせる
  • 鑑定眼と知識
  • 世界中へヨーロッパのピアノを紹介
  • あなたのピアノに必要な仕事を知るための見積り
  • ピアノ
  • 修復ピアノ
  • 販売ピアノ
  • ピアノ コレクション
  • ギャラリー
  • ニュース
  • プレス
  • コンタクト
  • Faq
  • 用語集
  • Piano Erard

    エラール

    フランス、パリ

    Sébastien Érardは、クラヴサン製作家の下で修業を積み、1777年に最初のフォルテピアノを製作しました。彼のピアノは評判を呼び、王室ご用達の職人に任命されました。革命から逃れるため、1792年彼は兄弟と共にロンドンにアトリエを構え、1796年には多くのピアノを製造していました。その翌年、ピアノアクションについて多くの発明をし、特許を申請しました。このシステムは1808年にダブルエスケープメントと名付けられましたがそれは正しくはありません。このアクションは鍵盤から完全に指を離さなくても次の音を弾けるというものでした。この特許は1822年と1833年にPierre Erardによって改良されました。またセバスチャン・エラールは、1808年に弦を支えるために鉄骨に付けられたアグラフを発明、1810年にはグランドピアノのペダルの発明をしています。メーカーは19世紀末に絶頂期を迎えますが、20世紀始めには落ち目となりました。1960年にガヴォ―社と合併、1965年には完全に閉鎖となりました。メーカー名は一時、シンメル社に貸し出されました。

    エラール

    フランス、パリ

    Sébastien Érardは、クラヴサン製作家の下で修業を積み、1777年に最初のフォルテピアノを製作しました。彼のピアノは評判を呼び、王室ご用達の職人に任命されました。革命から逃れるため、1792年彼は兄弟と共にロンドンにアトリエを構え、1796年には多くのピアノを製造していました。その翌年、ピアノアクションについて多くの発明をし、特許を申請しました。このシステムは1808年にダブルエスケープメントと名付けられましたがそれは正しくはありません。このアクションは鍵盤から完全に指を離さなくても次の音を弾けるというものでした。この特許は1822年と1833年にPierre Erardによって改良されました。またセバスチャン・エラールは、1808年に弦を支えるために鉄骨に付けられたアグラフを発明、1810年にはグランドピアノのペダルの発明をしています。メーカーは19世紀末に絶頂期を迎えますが、20世紀始めには落ち目となりました。1960年にガヴォ―社と合併、1965年には完全に閉鎖となりました。メーカー名は一時、シンメル社に貸し出されました。