• Accueil
  • ピアノバルロン
  • ピアノ修復工房
  • ピアノ修復師
  • ピアノ修復チーム
  • ピアノ・バルロンの歴史
  • ピアノバルロン・ジャパン
  • ピアノ修復の技術
  • ピアノの公認鑑定士
  • 歴史遺産
  • ピアノの歴史年表
  • 有名なピアノメーカー
  • サービス
  • 専門の調律師によるサービス
  • ピアノの持つ最高の音を引き出す
  • タッチの規則性と弾きやすさ
  • 遺産を甦らせる
  • 未来の世代のために保護、保存する
  • ピアノの本来の美しさを甦らせる
  • 鑑定眼と知識
  • 世界中へヨーロッパのピアノを紹介
  • あなたのピアノに必要な仕事を知るための見積り
  • ピアノ
  • 修復ピアノ
  • 販売ピアノ
  • ピアノ コレクション
  • ギャラリー
  • ニュース
  • プレス
  • コンタクト
  • Faq
  • 用語集
  • Piano Pleyel Wolff Lyon

    プレイエル

    フランス、パリ

    プレイエル社は、1807年 Ignace Pleyelによりフランスで設立された、フランスの老舗ピアノ製造メーカーの一つです。プレイエル社は、フレデリック・ショパン、カミーユ・サンサーンス、モーリス・ラヴェル、イゴール・ストラヴィンスキー、マニュエル・ド・ファラなど、多くのアーティストにサービスを提供したことで知られています。1853年、Auguste WolffがCamille Pleyelの共同経営者となり、会社名はPleyel Wolf Lyon & Cieとなりました。ヴォルフは優秀なピアノ製作家であり、会社の発展に貢献しました。多くの改革の発案者でもありました。彼自身、音楽家の家族の出身で、プレイエルピアノを音色とエレガントさにおいて評判の高いレベルに導きました。1865年、ヴォルフはSaint-Denisに機械を取り入れた大きな工場を建設し、1887年には年間2,500台を生産するまでになりました。1883年からは、ヴォルフの娘婿のGustave Lyonが会社経営を引き継ぎました。彼は1889年にパリで開かれた国際博覧会で名誉ある大きな賞を獲得しました。その際には特別に製作されたクラヴサンも展示されました。1925年より、リヨンはパリのrue du faubourg Saint-Honoréにサル・プレイエルの建設を始めました。しかし1929年の大恐慌がプレイエル社を襲い、1933年に倒産宣言、サル・プレイエルは1934年に銀行Crédit lyonnaisの手に渡りました。Gustave Lyonが死去した時には、プレイエルピアノ会社とサル・プレイエルは別々になっていたのです。1965年にガヴォ―・エラールと合併し、1970年~1990年にはメーカー名はシンメルに貸し出されました。その後フランスへ買い戻され、Alèsで小規模なピアノ製造を始めましたが、大きな成功は収めていません。Saint Denisにモダンなアトリエを建設し復活を試みましたが、困難は避けられず、2013年に閉鎖となりました。

    プレイエル

    フランス、パリ

    プレイエル社は、1807年 Ignace Pleyelによりフランスで設立された、フランスの老舗ピアノ製造メーカーの一つです。プレイエル社は、フレデリック・ショパン、カミーユ・サンサーンス、モーリス・ラヴェル、イゴール・ストラヴィンスキー、マニュエル・ド・ファラなど、多くのアーティストにサービスを提供したことで知られています。1853年、Auguste WolffがCamille Pleyelの共同経営者となり、会社名はPleyel Wolf Lyon & Cieとなりました。ヴォルフは優秀なピアノ製作家であり、会社の発展に貢献しました。多くの改革の発案者でもありました。彼自身、音楽家の家族の出身で、プレイエルピアノを音色とエレガントさにおいて評判の高いレベルに導きました。1865年、ヴォルフはSaint-Denisに機械を取り入れた大きな工場を建設し、1887年には年間2,500台を生産するまでになりました。1883年からは、ヴォルフの娘婿のGustave Lyonが会社経営を引き継ぎました。彼は1889年にパリで開かれた国際博覧会で名誉ある大きな賞を獲得しました。その際には特別に製作されたクラヴサンも展示されました。1925年より、リヨンはパリのrue du faubourg Saint-Honoréにサル・プレイエルの建設を始めました。しかし1929年の大恐慌がプレイエル社を襲い、1933年に倒産宣言、サル・プレイエルは1934年に銀行Crédit lyonnaisの手に渡りました。Gustave Lyonが死去した時には、プレイエルピアノ会社とサル・プレイエルは別々になっていたのです。1965年にガヴォ―・エラールと合併し、1970年~1990年にはメーカー名はシンメルに貸し出されました。その後フランスへ買い戻され、Alèsで小規模なピアノ製造を始めましたが、大きな成功は収めていません。Saint Denisにモダンなアトリエを建設し復活を試みましたが、困難は避けられず、2013年に閉鎖となりました。