• Accueil
  • ピアノバルロン
  • ピアノ修復工房
  • ピアノ修復師
  • ピアノ修復チーム
  • ピアノ・バルロンの歴史
  • ピアノバルロン・ジャパン
  • ピアノ修復の技術
  • ピアノの公認鑑定士
  • 歴史遺産
  • ピアノの歴史年表
  • 有名なピアノメーカー
  • サービス
  • 専門の調律師によるサービス
  • ピアノの持つ最高の音を引き出す
  • タッチの規則性と弾きやすさ
  • 遺産を甦らせる
  • 未来の世代のために保護、保存する
  • ピアノの本来の美しさを甦らせる
  • 鑑定眼と知識
  • 世界中へヨーロッパのピアノを紹介
  • あなたのピアノに必要な仕事を知るための見積り
  • ピアノ
  • 修復ピアノ
  • 販売ピアノ
  • ピアノ コレクション
  • ギャラリー
  • ニュース
  • プレス
  • コンタクト
  • Faq
  • 用語集
  • Bösendorfer pianos

    ベーゼンドルファー

    オーストリア

    ベーゼンドルファーは、1827年にオーストリアのウィーンで設立されたピアノメーカーです。Ignaz Bösendorfer (1794-1859)は、1827年に工場を建設しました。1828年7月、オーストリア皇帝より«ピアノを製造、販売するための市民権»を与えられました。彼の一番大きな功績は、Franz Lisztに納品したグランドピアノが«美しい音色を備えた頑丈なピアノ»と言われ、当時のピアニストたちが技巧を競った演奏でウィーンのピアノを潰していた中で、演奏に耐えられるピアノを作ったことでした。彼の仕事は、ピアニストたちによる高い評価により、世界的に有名になりました。1860年に息子のLudwigが経営を引き継ぎ、ウィーン中心部のPalais Lichtensteinに販売のためのショールームを備えた新しい工場を開きました。また古い調馬場に大きなコンサートホールを建設し、それは後に街の文化の中心地となりました。30年代の恐慌に大きな打撃を受け、年間何百台かのピアノを製造するのみに縮小し、さらに世界大戦により工場の木材のストックが破壊されました。50年代に小規模な製造が再開された後、アメリカ人の経営するKimball社に買収されました。ベーゼンドルファーのモデル290«インペリアル»は、今日メーカーの代表的なモデルとなっており、通常のピアノでは88鍵のところ97鍵の鍵盤を備えたピアノです。バルトーク、ドビュッシー、ラヴェル、とりわけブゾーニのいくつかの曲は、8オクターブ(ド0~ド8)の鍵盤を持つこのピアノでしか忠実に弾くことができません。特徴ある響板を備えたこのピアノの音色はオーケストラ的な特色を放ち、メーカーが名付けたのではない«インペリアル»の名で呼ばれるようになりました。ベーゼンドルファーは今日では日本のヤマハの傘下に置かれています。

    www.boesendorfer.com

    ベーゼンドルファー

    オーストリア

    ベーゼンドルファーは、1827年にオーストリアのウィーンで設立されたピアノメーカーです。Ignaz Bösendorfer (1794-1859)は、1827年に工場を建設しました。1828年7月、オーストリア皇帝より«ピアノを製造、販売するための市民権»を与えられました。彼の一番大きな功績は、Franz Lisztに納品したグランドピアノが«美しい音色を備えた頑丈なピアノ»と言われ、当時のピアニストたちが技巧を競った演奏でウィーンのピアノを潰していた中で、演奏に耐えられるピアノを作ったことでした。彼の仕事は、ピアニストたちによる高い評価により、世界的に有名になりました。1860年に息子のLudwigが経営を引き継ぎ、ウィーン中心部のPalais Lichtensteinに販売のためのショールームを備えた新しい工場を開きました。また古い調馬場に大きなコンサートホールを建設し、それは後に街の文化の中心地となりました。30年代の恐慌に大きな打撃を受け、年間何百台かのピアノを製造するのみに縮小し、さらに世界大戦により工場の木材のストックが破壊されました。50年代に小規模な製造が再開された後、アメリカ人の経営するKimball社に買収されました。ベーゼンドルファーのモデル290«インペリアル»は、今日メーカーの代表的なモデルとなっており、通常のピアノでは88鍵のところ97鍵の鍵盤を備えたピアノです。バルトーク、ドビュッシー、ラヴェル、とりわけブゾーニのいくつかの曲は、8オクターブ(ド0~ド8)の鍵盤を持つこのピアノでしか忠実に弾くことができません。特徴ある響板を備えたこのピアノの音色はオーケストラ的な特色を放ち、メーカーが名付けたのではない«インペリアル»の名で呼ばれるようになりました。ベーゼンドルファーは今日では日本のヤマハの傘下に置かれています。